0 1分 2か月

日本100名城の鳥取城


城郭の博物館とも称され、戦国時代から江戸時代にかけて様々な時期の遺構が残る鳥取城です。圧倒的な石垣の量だけでなく、球型に積み上げられた、石垣なども鳥取城でしか見られない石積みも魅力的な要素です。そして、宮廷建築の第一人者である片山東熊さんが手掛けた洋風建築の、仁風閣も大きな存在感があります。この記事では、鳥取城を画像で散策してみてください。そして、是非足を運んで肌で感じてみてください。※仁風閣の詳しい話はまた後日※

現在見られる石垣で作られた城『近代城郭』の姿は、天正10年(1582年)から嘉永2年(1849年)までの約240年間かけて段階的に整備されてきました。特に大きな整備を行ったのは、元和3年(1617年)鳥取城主となった池田光政。それまで5~6万石規模であった鳥取城を、32万石の居城として一新しました。元和5年(1619年)には天球丸や二の丸、大手登城路を整備して、鳥取城の主要部分はほぼこの頃に完成したと考えられています。二の丸に建てられた三階櫓には、上層を下層より規則的に小さく積み上げた、当時最新の建築様式で、層塔型が山陰地方では、初めて採用されました。

鳥取城内の建物は、明治時代に大半が壊され天守台などの、残った石垣も昭和18年(1943年)の鳥取大地震で崩壊してしまいました。昭和の半ばごろから、石垣を中心とした復元整備が行われています。かつての雄姿を取り戻しつつあります。

鳥取城の歴史上忘れられない戦い

近世城郭として整備する以前に、鳥取城では忘れることが出来ない戦いの舞台となりました。天正9年(1581年)に織田信長軍として羽柴秀吉(豊臣)が鳥取城を攻めることになりました。2万の大軍を率いる羽柴秀吉は、吉川経家が籠城する鳥取城を囲みます。約20キロにも及ぶ包囲陣を敷き、救援と食料網を絶つという徹底した兵糧攻めを行いました。兵糧攻めが2カ月、3カ月と続くうちに鳥取城内の食料は尽き、ついには人肉を食べるという地獄のような状態となりました。吉川経家は、意を決して羽柴秀吉に降状し、地震が自害することで、兵と民の命を救いました。35年の短い生涯を閉じる前に吉川経家は4人の子供に手紙を残しています。追い詰められた状況と、子供たちへの思いが伝わってくる手紙でした。

散策するには結構なボリュウムを感じます。良い運動になります。

所在地:〒680-0011 鳥取県鳥取市東町1−220
築城年:天文年間(1532年 – 1555年)
廃城年:1871年(明治4年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA