0 1分 4か月

足尾銅山 観光 ※写真は数年前のものです。

足尾銅山では、トロッコの乗り物があります。坑道まではトロッコで移動してその後、徒歩での見学になります。

足尾銅山

足尾銅山とは

足尾銅山は1550年天文19年)に発見と伝えられています。1610年慶長15年)、百姓2人が鉱床を発見し、江戸幕府直轄の鉱山として本格的に採掘が開始されることになりました。足尾に幕府は鋳銭座を設け、銅山は大いに栄え、足尾の町は「足尾千軒」と言われる発展をしていきました。採掘された銅は日光東照宮江戸増上寺の部材などに使われたほか、当時の代表的な通貨である寛永通宝が鋳造されたこともあります。江戸時代にはピーク時で年間1,200トンもの銅を産出していました。その後、一時は採掘量が極度に減少し、幕末から明治初期にかけてはほぼ閉山状態となっていました。明治4年(1871年)には民営化されたが、銅の産出量は年間150トンにまで落ち込んでいました。

足尾銅山 観光

足尾銅山の将来性に悲観的な意見が多い中、1877年明治10年)に古河市兵衛は足尾銅山の経営に着手、数年間は全く成果が出なかったが、1881年(明治14年)に待望の有望鉱脈を発見し。その後、探鉱技術の進歩によって次々と有望鉱脈が発見されました。古河市兵衛の死後、1905年(明治38年)3月に会社としての古河鉱業の経営となりました。当時の明治政府の富国強兵政策を背景に、銅山経営は久原財閥日立鉱山住友家別子銅山とともに急速な発展を遂げました。20世紀初頭には、日本の銅産出量の40%ほどの生産を上げる大銅山に成長しました。

足尾銅山 観光

しかしこの鉱山開発と製錬事業の発展の裏では、足尾山地の樹木が坑木・燃料のために伐採され、掘り出した鉱石を製錬する工場から排出される煙が大気汚染を引き起こしていました。荒廃した山地を水源とする渡良瀬川洪水を頻発し、製錬による廃棄物を流し、足尾山地を流れ下った流域の平地に流れ込み、水質土壌汚染をもたらし、広範囲な環境汚染公害)を引き起こしてしまいました。いわゆる、足尾鉱毒事件です。1891年明治24年)、田中正造による国会での発言で大きな政治問題となってしまいました。1890年代より、鉱毒予防工事や渡良瀬川の改修工事は行われたものの、鉱害よりも銅の生産を優先し、技術的に未熟なこともあって、鉱毒被害は収まりませんでした。

1973年昭和48年)2月28日をもって採鉱を停止し、銅山としての歴史を閉じました。江戸幕府や古河財閥により掘り進められた坑道は、総延長1,234キロメートルに達しました。

閉山後も輸入鉱石による製錬事業は続けられたが、1989年平成元年)にJR足尾線貨物輸送が廃止されて以降は鉱石からの製錬事業を事実上停止し、2008年(平成20年)時点では、製錬施設を利用しての産業廃棄物(廃酸、廃アルカリなど)リサイクル事業を行っているのみです。

それらとは別に、銅山の歴史を伝える施設「足尾銅山観光」が1980年、足尾町(現・日光市)により1980年(昭和55年)開業し、現在に至ります。トロッコで坑道に入り見学することが出来ます。近隣には古河足尾歴史館もあり、鉱毒事件を含めて学べます。

2012年(平成24年)、「足尾銅山・映像データベース研究会」が4年がかりで作成してきた「足尾銅山写真データベース」を、6月15日に(Webサイト) 上で正式公開すると発表しました。1883年(明治16年)から46年間に亘り現地を訪れ、当時の状況を記録していた小野崎一徳によって撮影された写真を中心に、銅山と人の営みを白黒写真で記録したもので、撮影時期・場所、説明などが付記されています。

また柴岡信一郎による『足尾銅山のさと―生きている近代産業遺産』は、足尾銅山の栄枯盛衰を記録したフォトルポルタージュで、日本一の銅産出量を誇り近代産業の発展に大きく貢献した足尾町の現状を記録すると共に、地域振興において近代産業遺産をどのように活用できるかを述べています。

本山坑(有木坑)、小滝坑、通洞坑の3つの坑口がありました。本山坑から小滝坑はほぼ一直線に繋がっており、通洞坑はこの太い坑道に横から接続する形になっています。このため、3つの坑口を結ぶ坑道は、T字型になっています。小滝坑は1954年(昭和29年)閉鎖。最後まで使われていたのは本山坑と通洞坑でありました。より正確には、本山坑と有木坑は微妙に場所が違い、これ以外に近くに本口坑がありました。通常はこの3つの坑口がまとめて「本山坑」と呼ばれています。有木坑は当初梨木坑という名であったが、縁起担ぎで有木に変更されました。また、簀子橋という名の坑口もありました。規模は小さく、通洞坑と同一視されることが多いが、名目上は独立していました。現在の簀子橋堆積場付近にありました。

人形を用いて、当時の作業風景を展示してあり、とても分かりやすい感じです。

通路には、こういうライトが付いています。足元がぬれていたので滑らないよう気を付けて歩きました

鳥居がありました。安全を祈願したのでしょう

役割によって人夫さんの名称も変わっているようです。

江戸時代、足尾で採掘された銅は、東照宮や江戸城などの瓦等の製造に使われたれり、オランダや中国などへも輸出され、国の繁栄を支える資源となっていました。
江戸時代の貨幣・寛永通宝(一文銭)は、足尾でも作られ、足尾で作られた寛永通宝にはすべて裏に「足」の字が刻まれ「足字銭」と呼ばれました。この「足字銭」をかたどった「足字銭最中」は、足尾観光のお土産として人気です。

足尾銅山
足尾銅山の詳細
所在地:〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞9−2
TEL:0288-93-3240 (足尾銅山観光管理事務所)
営業時間:9:00~16:30 【休館日】無休
料金:大人830円 小・中学生410円
ホーム » ブログ » 足尾銅山 観光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA