0 1分 2週間

福知山城へ行ってきました

福知山城の歴史を説明するね♪

福知山城 歴史 

福知山城は、安土桃山時代の福知山城主【明智光秀】が天保7年(西暦1579年)ごろにこの地に城を築いたことから始まります。

光秀築城後娘婿の明智秀満を城代として入れました。そしてこの地の統治を任せました

有名な歴史の中の一つ【本能寺の変】後の【山崎合戦】やその後の一連の顛末の中で、光秀や秀満は滅ぼされてしまいますが

福知山城は、羽柴秀長をはじめとした城主を迎えて改修や増築が進められました。

伝来している【絵図】等の状況から江戸時代の【有馬豊氏】が城主の時期に、ほぼ完成していたと考えられています。

由良川に対して伸びる丘陵を中心に築城された平山城で、城郭及び城下町周辺を堀で囲みそれらを一体的に構築した

惣構え】の城として完成しました。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』
福知山城へ行ってきました
福知山城へ行ってきました

江戸時代以降は、転封や改易により城主が頻繁に変わっていましたが、寛文9年(西暦1669年)朽木稙昌が常陸国土浦から入部して以降、明治維新に至るまで朽木氏が13代にわたり藩主を務めていました

Xserverドメイン

明治6年(西暦1873年)廃城令により天守周辺の石垣や銅門を残し、福知山城はその大半が失われました。

廃城令なんかして欲しくなかったなぁ~、歴史的建造物は残してもらいたいよねぇ~

全く同感だよ!古い歴史を伝えるためには、残してもらいたいものだよね

しかし、昭和に入り市のシンボルとして城再建の機運が高まり、市民による【瓦一枚運動】などもあり、有馬豊氏から松平忠房のころの絵図資料を参考にした3層4階の望楼型大天守2層の小天守が、昭和61年(西暦1986年)に再建整備されて、現在の様になりました。

再建されたことはとても嬉しい!ワクワクしながら現地に行ったよね♪

だけどさ~、木造での再建でなく内装がコンクリート建築だったのにはショックだったよね

そうなんだよねぇ~、お城好きにはちょっとだけ残念な気持ちになってしまった

福知山城へ行ってきました

明智光秀について

この福知山城初代城主 明智光秀は非常に謎の多い人物です。

生年は享禄元年(西暦1528年)とも永正13年(西暦1516年)とも言われていますが、詳細は不明なのであります。

生誕地についても美濃の国可児郡とも恵那郡ともいわれています。しかし判然としないのです。

光秀が歴史の表舞台に登場するのは、永禄12年(西暦1569年)ごろになる、光秀が織田信長に仕え始めて以降です。

織田信長の家臣として、光秀は京都の統治比叡山延暦寺攻めなどで功績をあげて、織田信長の有数の重臣となりました。

天正3年(西暦1575年)織田信長から丹波攻略を命じられた光秀は、丹波国人衆の大半を味方につけ宇津城に拠る宇津氏氷上郡に本拠を構える赤井荻野氏などを攻めました

ところが天正4年(西暦1576年)1月になって突如、波多野秀治離反し、光秀は敗走してしまいます。

その後は、口丹波から反勢力の城郭を攻略しながら奥丹波へ迫り、八上城籠城する波多野氏半年以上に及ぶ攻囲戦の末、天正7年(西暦1579年)6月になって陥落させました。

その後、鬼ヶ城や黒井城などを相次いで落城させました。ついには丹波を平定し信長から『その名誉は天下に比類なし』と高い評価と称賛を得るとが出来、丹波国の支配を任されました。

福知山城へ行ってきました
福知山城へ行ってきました

丹波支配にあたり福知山の地に城を築き城代として娘婿である明智秀満を入れました。

明智秀満は、もともと三宅弥平次を名乗っていたのだけど、荒木村治の室となっていた
明智光秀の娘を再嫁されて、明智姓を名乗るようになります。
本能寺の変】の計画を事前に打ち明けられた、四人の重臣のうちの一人と言われています。
左馬之介の湖水渡り】などの伝説でも知られている勇猛な武将です。
信長の命により、光秀が丹波を平定すると福知山城の城代を任されています。

光秀は、短い統治期間の中で築城と合わせて、地子銭の免除治水事業を行うなどし善政を行ったと伝えられています。

光秀はほどなくして【本能寺の変】を引き起し【山崎合戦】の後に、悲劇的な最期を迎えてしまいます。

福知山の民衆は光秀の事績を忘れることなく信奉し【名君】として現在でも親しまれているそうです。

福知山城へ行ってきました

歴代福知山城主

安土桃山時代の福知山城主

明智光秀の滅亡以後の福知山城は、一時的に羽柴秀長が管理しその後、杉原家次小野木重次らの城主を迎えています。

杉原家次豊臣秀吉正室ねねの伯父にあたります。

賤ヶ岳の戦い】の際には、坂本城の守備を受け持った武将になります。

天正15年(西暦1587年)ごろに、小野木重次が福知山城の城主になります。

慶長5年(西暦1600年)の【関ケ原の戦い】では西軍として参陣し、細川幽斎が立てこもる田辺城を攻め

西軍が敗北すると重次は一時的に福知山城に立てこもりますが、やがて開城して亀山で自決をします。

小野木重次没落後はしばらく細川忠興の預かりとなりました。

福知山城へ行ってきました
福知山城へ行ってきました
福知山城へ行ってきました

江戸時代の福知山城主

関ケ原の戦い】の後、慶長5年(西暦1600年)福知山城には有馬豊氏が入りました。

豊氏は在封中【有馬検地】と言われる検地を実施しました。

豊氏転封後は丹波亀山から岡部長盛が入り、5年の治世後に稲葉紀通が摂津国中島から転封

稲葉騒動】を起こし、改易になったのちには松平忠房が入場しました。

福知山城主 朽木氏

松平忠房は在城20年の後【島原の乱】後の混乱が残る肥前国島原転封して、常陸国土浦から朽木稙昌が福知山へ入って以降は、13代約200年にわたって朽木氏が福知山藩主を務めました。

朽木氏は歴代藩主の多くが奏者番などの幕府の要職を歴任し、また書画文芸に秀でており【星橋】を号した福知山藩主6代綱貞

オランダ商館長チチングとの交流など蘭学研究に通じた8代昌綱

書画を嗜みまた惇明館の建設などを行った10代綱方などの学芸の分野に優れた藩主を多く輩出されました。

旅の記録

私のホームページには、YouTubeチャンネルもあります、チャンネル名は『はじめっちチャンネル』となります。当ホームページでは、写真と共にYouTubeと記事を掲載していることもあるので、ぜひ記事と合わせてご覧いただけたらと思います。

私のホームページには、YouTubeチャンネルもあります、チャンネル名は『はじめっちチャンネル』となります。当ホームページでは、写真と共にYouTubeと記事を掲載していることもあるので、ぜひ記事と合わせてご覧いただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA